宝石について

ジュエリーショップ
選び方 商品情報 ご質問と回答 地方発送 店舗案内 お問合せ
ダイヤモンド 指輪 結婚指輪 ブログ ジュエリー ブログ
地方発送について
ご注文と配達の方法
ジュエリー(宝石)には美しさ、耐久性、希少性が求められます。

ダイヤモンドはジュエリー(宝石)の王様と呼ばれています。

それは多くの宝石の中で、地球上で最も硬く、高い希少性と宝石の中で一番の輝きを発しているからです。



● ダイヤモンド

産地:南アフリカ、ロシア、オーストラリア、ボツワナ、ザイール

性質:親油性―ダイヤモンドには油になじみやすい性質があります。

硬度:モース硬度10 地球上で一番硬い。なおダイヤモンド同士がふれるとお互いにキズ付け合いますので必ず一個ずつ分けて保管してください。

へき開性:(クリベージ)―ダイヤモンドには、ある一定方向に力を加えると比較的に簡単に割れる性質があります。
これをへき開性とよびます。



● ルビー

産地:ミャンマー、タイ、スリランカ、カンボディア、ベトナム、ケニア

品質:ルビーの色は純粋な赤色から紫がかった赤色、帯黒赤色、ややオレンジがかった赤色のものまで多岐にわたります。その中でも、燃えさかる炎のような彩やかな赤色で透明度が高くて、テリ(輝き)の良い

ルビーが最良質とされます。  

硬度:モース硬度9



● スタールビー

ルビーには6条の光を反射するスタールビーがあります。



● サファイヤ

産地:ミャンマー、タイ、スリランカ、オーストラリア

品質:サファイヤの中でも高く評価されるのは、紫がかった濃い目のブルーサファイヤと帯橙ピンク色のパパラチャサファイヤです。暗い青色や緑がかったブルーサファイヤはあまり評価されません。



● スターサファイヤ

サファイヤにも、スタールビーと同様の原因で6条の光が反射するスター石があります。



● エメラルド

産地:コロンビア、ブラジル、ザンビア、ジンバブエ、パキスタン

品質:天然エメラルドは他の宝石とは異なり、一般的に包有物が多く、包有物のない天然エメラルドは存在しないといってもよいでしょう。

硬度:モース硬度7.5〜8



● 真珠

真珠貝の真珠層(貝殻の内側を構成している層)で形成された球状物質です。海水産と淡水産の二つに大別でき

現在はほとんど養殖によってつくられています。



● ガーネット

一般にガーネットというと暗赤色の宝石をイメージしますが、実際には単一の宝石ではなく7種類の鉱物の

グループ名で、赤色、緑色、黄色、橙色といった色のガーネットがあります。

産地:ブラジル、スリランカ、タンザニア、南アフリカ

品質:ガーネットのなかでも宝石として評価される代表的なものは、赤紫色のロードライトと、エメラルド

グリーンのグロッシュラーです。

硬度:モース硬度7−7.5



● アクアマリン

産地:ブラジル、スリランカ、マダカスカル

品質:アクアマリンは透明度が高く、黒味や緑味のない純粋な青色で大粒の物が良質です。

硬度:モース硬度7.5−8



● トパーズ

トパーズは黄色宝石を代表する宝石ですが、その他にもオレンジ色、ピンク色系があります。また、トパーズには

青色をしたものがありますが、天然トパーズの青色は非常に薄く、濃青色のものは処理を施したものです。

産地:スリランカ、ブラジルなど

品質:トパーズのなかでも黄色に少し赤味の入った、シェリー酒色のものがもっとも美しいとされ、高く評価

されます。

硬度:モース硬度8と硬度は高いが、へき開性があります。



● クリソベリルキャッツアイ

産地:スリランカ、ブラジル

品質:地色は半透明〜亜透明、蜂蜜色に似た黄色から帯緑黄、帯褐黄色です。

硬度:モース硬度8



● アレキサンドライト

産地:ブラジル、スリランカ、ロシア、タンザニア

名称の由来:昼と夜とでは色が異なる石を発見した年がロシア皇帝アレキサンドル2世の成年式であったことから

その石を「アレキサンドライト」と名づけたと言われています。



● トルマリン

トルマリンには、良く知られている赤色、緑色、青色の他に無色や黒色のものまであり、非常に多彩な宝石として

有名です。さらに、緑色と赤色など2つの色が組み合ったパートカラートルマリンや、西瓜のように周囲が緑色

で中心部が赤色のウォーターメロントルマリンなど、他の宝石には見られないものがあります。

産地:スルランカ、ブラジル、タンザニア

品質:トルマリンは、大粒でテリの良い包有物のないものが高く評価されます。また赤色のトルマリンは「ルベライト」とも呼ばれ、高く評価されます。

硬度:モース硬度7〜7.5



● スピネル

赤色、ピンク色、青色の濃淡、紫青色の濃淡、橙黄色などスピネルの色調は驚くほど豊富です。また、スピネルはコランダムと産出することが多いため、ルビーに酷似した赤色スピネルは、古来ルビーと混同されることがたびたびありました。

その一例が英国王室の王冠にはめ込まれている「黒太子のルビー」で、後にスピネルだったことが判明しています。

外観が青色のスピネルはブルーサファイヤに似ています。

産地:スリランカ、ミャンマー

品質:スピネルは、ルビー、サファイヤの影に隠れてしまうことが多かった宝石ですが、美しさ、耐久性、希少性という宝石の条件をすべて兼ね備えています。透明感がありテリの良いものが良質です。

硬度:モース硬度8



● クォーツ

水晶は石英という鉱物からなる宝石のうち、透明なものを水晶とよびます。水晶には、ロッククリスタルと呼ばれる無色のもの、アメシスト(紫水晶)やシトリン(黄水晶)などのような色のついているもの、水晶中の包有物を楽しむものなどがあります。

産地:ブラジル、マダカスカル、インド、メキシコ、

品質:アメシストは水晶の中でもっとも人気があり、高く評価されます。その色調は淡い藤色から濃い紫色までありますが、深みのある紫色が良質とされています。シトリンは黄色宝石を代表する宝石としてしられていますが、淡い黄色から黄褐色まであります。透明で鮮やかな黄色のものが高く評価されます。

硬度:モース硬度7



● オパール

遊色効果(プレーオブカラー)をもつ宝石です。遊色効果とは、斑(ふ)と呼ばれる様々な色調の光が石の表面に現れるオパール特有の効果のことで、石表面の反射光と内部からの反射光が重なって現れる光の干渉から生まれます。

見る角度によって赤色、緑色、青色などの色をした斑が現れます。

産地:オーストラリア  ブラックオパール、ホワイトオパール、ボルダーオパール

    メキシコ  ファイヤーオパール、ウォーターオパール

硬度:モース硬度5.5〜6.5 衝撃に弱いので、取り扱いには注意が必要です。



● ジェイダイト

翡翠 「東洋の宝石」といわれる ひすいは、半透明で深みのある緑色が魅力で、中国や日本で非常に人気があります。

ひすいにはジェイダイトネフライトの2種類がありますが宝石としての価値が高いのはジェイダイトのほうです。

「台湾ひすい」と言った、ひすいの前に地名や国名のついているものは、ネフライトや他の緑色半透明石のことが多いので注意が必要です。

産地:ミャンマーが主産出国。新潟県糸魚川で少量産出します。

品質:焼き銀杏に似たしっとりとした緑色で色むらの無い透明感のあるものが良質とされています。また、黄色、

褐色、黒色をした ひすいもあり、緑色以外ではラベンダー色(薄紫色)が高く評価されます。

硬度:モース硬度6.5〜7  衝撃には比較的強い宝石です。



● トルコ石

空青色、帯緑青色といった色調をもつ不透明宝石で、褐色ないし黒色の網目状組織(ネット)が入ったものもあります。

「トルコ石」という名称の由来は、その昔、シナイ半島産のものがトルコを経由して欧州に入ってきたことによりこの名がついたと言われています。トルコ石はトルコでは産出されません。

産地:イラン、アメリカ

品質:緑色味のない、深みのある空青色のものが良質とされています。

硬度:モース硬度5〜6 汚れが浸透しやすい宝石です。



● ラピスラズリ

深みのある群青色の宝石です。



● 珊瑚

海中に生息する珊瑚虫によって作られ、採取したばかりのさんごは樹木のような形をしています。宝飾用には

「貴重さんご」と呼ばれるものが使われます。加工ではイタリア、日本、台湾が有名です。

品質:宝飾用は色によって、血赤色、赤色、桃色、ボケ、白色などに分類され、血赤さんごがもっとも高く評価されます。光沢がなくならないように意することです。酸に弱いので、果汁や汗が付着したら、柔らかい布で拭き取るようにします。



● 琥珀

こはくは、古代の松柏科植物の樹脂が地中で化石化したものです。色調は黄色や褐色などあり、透明なものや、不透明なもの、また木の葉を広げたような模様(グリッター)が入ったものなどもあります。

こはくは水分、汗には比較強いのですが、香水やヘアスプレーなどに弱い宝石です。

硬度:モース硬度2〜2.5 軟らかいです。



● ペリドット

その昔「トパーズ」の名で知られていたペリドットは、しっとりとしたオリーブグリーンの宝石です。色調はこの

オリーブグリーンを中心に帯緑黄色から緑色があります。

産地:アメリカ、メキシコ、ミャンマー  現在「ハワイアンペリドット」として売られているものは、アメリカの

アリゾナ産またはオーストラリア産のものがほとんとです。

品質:エメラルド「を想わせるような緑色のものほど高く評価されます。

硬度:モース硬度6〜7



● ムーンストーン

内部から湧き出るような輝きをもつムーンストーン。その輝きは青白い月明かりに似たミステリアスな魅力があります。

和名で月長石と呼ばれ、乳白色をはじめピンク色、緑色の色調のもんがあります。持ち主に優しい愛情を起こさせ、満月の夜にこの宝石を口に含むと、恋人との未来を予知する力が与えられると言われています。

産地:スリランカ、インド

品質:ムーンストーンには「シラー」と呼ばれる独特な青白い光の現象が現れます。その中でもスリランカ産に見られる帯青乳光(ミルキーシーン)のものが高く評価されます。

硬度:モース硬度6



● カメオ

宝石におけるカメオ彫刻の歴史はたいへん古く、紀元前4,000年シュメール文明時代に見ることができます。

その彫刻技術のうち、凸型に浮き彫りされたものをカメオ(CAMEO)と呼び、逆に凹型に沈み彫りされたものを

インタリオ(INTAGLIO)と呼びます。カメオの中でも、めのう(アゲート)の縞目を利用して彫られたものが代表的で、古くから「本カメオ」として珍重されてきました。しかし日本では、主にイタリアから輸入されている「シェルカメオ」が一般的なため、カメオとは貝製の装飾品であると誤解されることがすくなくありません。

主な加工地:ドイツ

品質:カメオには「手彫り」と「機械彫り」がありますが、どちらの場合でも、材質、彫刻とも優れた作品は非常に少なくなります。

彫刻技術の繊細及びバランス度を4段階に分類します。

Excellent  Very Good  Good  Fair

手入れ方法:めのう(アゲート)潜晶質のため、汚れやしみがちきやすい宝石です。年に1〜2度、ブラシに石鹸を

つけてよく洗い、その後流水で充分にすすいでください。

硬度:モース硬度7  紫外線、化学薬品、湿度に注意、宝石箱の中に乾燥剤を入れて保管されるといよいでしょう。

参考資料:「宝飾品の知識」中央宝石研究所




選び方 商品情報 ご質問と回答 地方発送 店舗案内 お問合せ
ダイヤモンド 指輪 結婚指輪 ジュエリー お客様の声 ブログ
ジュエリーショップ
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・複製・引用を禁止します。
弊社の事前の承認がない限り、記載内容の一部または全部を、無断で複製、伝送、転写、検索可能な形での保存、印刷配布、比較広告への引用等の行為を固く禁じます。